弁護士法人ALG&Associates 離婚相談弁護士 離婚相談弁護士

妻と婚姻生活を続けていけないと感じたことから妻と離婚したい。その際、自分ができるだけ不利にならないようにしたい。

相談者

男性 30代

当事者の希望

離婚及びそれに伴う条件を決定したい。

相談内容

結婚した妻とはわずか20日ほどしか同居しませんでした。付き合った頃には分かりませんでしたが、妻にはヒステリックな所があり、私としては、今後、妻と結婚生活を続けていく事ができません。妻と離婚する事は前提として、離婚に伴う条件の点で不利にならないようにしたい。どうすればいいですか。

結果

相手方である妻には、弁護士がつきました。そのため相手方弁護士と離婚及び離婚に伴う条件の交渉を重ねました。争点は財産分与及び解決金でしたが、相談者も納得できる条件で合意する事ができ、妻と離婚することができました。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

お電話でのご相談受付
24時間受付・年中無休・通話無料
メールでのご相談受付

事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

関連記事
妻に対して、つきまとい行っているストーカーがおり困っている。夫が不貞行為を行い、妻と別れたいと申し出てきた事例。夫が不貞行為を行っているのではないかと疑っているが、確実な証拠がない。不貞行為をして、相手の男性の妻から慰謝料請求されている。夫と離婚することに口頭で合意したものの、突如、慰謝料を支払わないと離婚しないなどと主張され、話が進められない。長年の夫による暴力の末に協議離婚。元夫に対する合意の履行請求をしたい!離婚調停申立をしたが、夫が離婚に応じてくれない。身に覚えのないことを理由に損害賠償請求をされた。妻が見知らぬ男性と浮気をした。その男性に慰謝料請求をしたい。派遣先で上司にあたる係長からセクシャル・ハラスメントの被害にあいました。虐待事案として疑われ、児童相談所に入所させられている子供と会いたい。浮気調査を依頼したが、興信所がきちんと仕事の報告をしておらず、仕事をしているのかも疑わしい。夫は不貞行為をしているようだが、不貞行為そのものの証拠がない。妻が職場の上司と不貞行為をした。妻と離婚したうえで、妻及び不貞相手に慰謝料を請求したい。妻が不貞をしたので、妻と相手との関係を断ち切りたい。不貞行為を行った妻から離婚を求められた。しかし、私としてはもう一度やり直していきたい。20年以上連れ添った夫が不貞行為をしたので離婚したい。内縁相手が3人の男性と付き合っていたので、全員に慰謝料請求したい。お互いに合意の上で不貞行為を行ったにもかかわらず、無理やり性行為をさせられたとして相手女性から損害賠償請求をされた。不貞行為を追及されて、300万円を支払うという誓約書を書いてしまった。異業種交流会で出会った男性と婚姻をしたが経歴を詐称しており、離婚をしたい。自分が子供たちを育てていくと決めたうえで協議離婚をしたが、後日元妻から子供の引き渡しを求められた。浮気は認めるが慰謝料が高額なので支払いが苦しい。夫が10年以上の浮気行為をしていました。浮気相手に対して慰謝料を請求したい。夫の浮気が原因で離婚しました。浮気相手に慰謝料請求を請求したい。不貞の証拠を突きつけられ、離婚と慰謝料の支払いを求められた。突然、妻の代理人弁護士から離婚交渉を求められた。元夫は自営業で、わざと低い収入を見積り、低額な養育費しか払ってくれない。