解決金300万円の請求を受けたが訴訟により財産分与74万円を支払うことで和解した事例

離婚調停が不調に終わり、当方から離婚訴訟を提起

離婚の争点 財産分与
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:300万円(反訴)
  • 【依頼後・終了時】
    財産分与:74万円

事案概要

離婚調停時に解決金300万円の請求を受けたため、離婚調停が不調に終わり、当方から離婚訴訟を提起した事案です。

弁護士方針・弁護士対応

離婚調停時に、慰謝料を基礎づける事由がないのに、解決金300万円を請求された事案です。調停時に、早期解決のために、解決金70万円の提案をしましたが、相手方が応じなかったために、当方より離婚訴訟を提起しました。

依頼者と協議して、相手方の解決金及び慰謝料を零とすることを決め、訴訟に臨みました。
原告である当方より、財産の資料を積極的に開示し、訴訟を進めた結果、財産分与74万円を支払うことで和解離婚が成立しました。

結果

解決金300万円の請求を零にし、財産分与74万円を支払うことで和解離婚が成立しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー