男性側からの依頼で子供二人の親権を勝ち取った事例

相手方に渡す財産分与を減額

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 財産分与 男性の親権 養育費 養育費の請求
手続きの種類 調停 交渉
担当事務所 神戸法律事務所
結果
  • 【慰謝料・財産分与等】
    約700万円の経済的利益の獲得

事案概要

ご依頼者様は、2人の子供に恵まれ、幸せな婚姻生活を送っていましたが、出張等も多く、家を空けてしまうこともあったのですが、ご依頼者様の出張中に、相手方が、2人の子供を近所に住むご依頼者様の両親に預けて友人と旅行と称して出かけていくことがありました。

このような状況を不審に思われ、ご依頼者様は、ご依頼者様の出張中に、相手方が2人の子供を預けているタイミングで探偵に依頼し、相手方の動向を調査したところ、相手方の不貞が発覚しました。そのため、相手方との離婚を決意し、2人の子供の親権の獲得も覚悟されました。

ただし、相手方とは協議が折り合わず、今後どのように進めていくべきか専門家の必要性を感じられ、弊所に相談に来られました。

弁護士方針・弁護士対応

神戸法律事務所の弁護士は、弁護士の介入前に、まず一旦協議の上で別居をし、その際に、子供2人を監護養育する体制をしっかり構築することをアドバイスし、ご依頼者様が相手方の不貞を踏まえて話を進めていくと、相手方が自宅から出て行く形で話が一旦落ち着きました。
並行して、探偵の調査報告書を確認し、相手方の不貞の明確な証拠を保有していることを踏まえて、今後どのように進めていくべきかをご依頼者様と相談し、別居後に介入することとしました。
しかし、その際、相手方の住まいが不明であったため、再度、ご依頼者様と相談して探偵の調査を依頼したところ、相手方は不貞相手と同居していることが判明しました。

その結果、かかる状態で相手方が親権を取得することは困難であると確信し、離婚交渉を一気に推し進めることとし、慰謝料請求や親権の主張などを粘り強く行いました(並行して不貞相手への慰謝料請求も行いました。)。
何度か交渉を重ねた結果、相手方は親権を諦めるようになり、あとは金銭面の問題を残すのみとなりましたが、慰謝料や養育費、財産分与については交渉段階では相手方から十分な額が提示されなかったために、調停を申し立てることにしました。
調停では、もっぱら金銭的な問題を中心に話を進め、不貞の証拠等も用いながら終始有利な形で手続きを進めました。

結果

最終的には、慰謝料と調整の上、相手方に渡す財産分与を減額するとともに、200万円の支払いを受けるという内容で調停がまとまりました(700万円の経済的利益の獲得)
不貞という事実を突きつけられ、かなり精神的に参られておられたご依頼者様が、離婚とその後の2人の子供との生活を目指し立ち直る場面に立ち会うことができました。
ご依頼者様としても、何度も負けそうな場面があったものの、弁護士が一緒になって戦ってくれて心強かったと非常に感謝していただけました。

男性側の離婚でも親権の獲得を最初から諦める必要がないことなどを再確認し、経済的利益としても十分な結果を勝ち取ることができた事案でした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー