弁護士介入後、不貞慰謝料40万円で示談できた事例

請求された不貞慰謝料額の減額

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の減額
担当事務所 横浜法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    婚姻費用:200万円
  • 【依頼後・終了時】
    解決金:40万円(一括払い)、個人情報の写真削除、接触禁止条項

事案概要

本件は、依頼者が不貞行為を行ったところ、不貞女性の夫から慰謝料請求をされた事案です。
もっとも、相手方は、慰謝料を請求するだけでなく、依頼者の職場に不貞の証拠を送ったり、免許証などの身分証明書の写真を撮ったりしていました。
依頼者は、相手方のこのような行動に対して、これから生活していくにあたり、強い恐怖を感じている状態で、弊所にご来所の上、ご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、依頼者が不貞の事実を認めているものの、以下のような争点・懸念点がありました。

  • ・相手方から請求されている慰謝料200万円の支払いが、金銭状況からして難しかったこと。
  • ・身分証明書等の写真を撮られていることなどから、今後接触されるのではないかとの恐怖感が大きく、写真の削除等をすることについてなんらかの手段で確認する必要があったこと
  • ・職場の上司に不貞の事実を伝えられていこと。

以上に加えて、依頼者は、慰謝料額の減額と同時に、早期に解決したいとの気持ちが強くありました。

そこで、弊所担当弁護士が、相手方に対して、不貞の事実はありつつも、職場に不貞の事実を伝えたことは、名誉棄損に当たる可能性があることなどを指摘し、相手方と粘り強い交渉を行いました。

結果

交渉結果として、

  • ・ご依頼を受けてから示談書の取り交わしが完了するまでに、約1月で解決
  • ・慰謝料の金額は、40万円
  • ・今後、接触はしないこと

等の内容で合意に至りました。

また、身分証明書の写真は、代理人の目の前で削除してもらい、その確認をしました。依頼者は受任時点ではかなりの恐怖を感じておられたため、担当弁護士は、早期に解決することと、写真の削除を確認することを念頭に臨みました。
その結果、受任から、一か月で、示談書の取り交わし及び賠償金の支払い完了まで終了させることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー