財産分与等は行わず、当初の予定よりも早期に離婚が成立した事例

相手方との早期の離婚

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気 別居
離婚の争点 慰謝料 財産分与
担当事務所 埼玉法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求】
    数年間別居状態で離婚交渉が進まない状態
  • 【依頼後・終了時】
    弁護士介入後、早期に離婚成立

事案概要

本件は、相手方が不貞を行い、長年別居が継続しているものの、当事者間では一向に離婚協議がまとまらない(相手方がまともに協議の場につかない)という事案でした。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、相手方が不貞の事実を認めているものの、以下のような争点・懸念点がありました。

  • ・相手方には慰謝料を支払う原資がないこと
  • ・当方には、依頼者名義の不動産や預貯金等の財産があったこと
  • ・長年別居状態を継続しているが、相手方が折を見て自宅に出入りしていたこと
  • ・弁護士が介入するまでに、当事者間での離婚協議は膠着(こうちゃく)状態にあったこと

当方の要望は、相手方から慰謝料を獲得することではなく、早期の離婚であった。

そこで、担当弁護士としては、早期の離婚を前提に、相手方には慰謝料を請求しないという離婚条件を提案しました。

また、当該提案に加えて、当方から相手方に対して、当面の生活費を支払うという提案もしました。

結果

結果として、相手方に当面の生活費を支払うことを条件に、財産分与等は行わずに当初の予定よりも大幅に早期に離婚が成立しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー