離婚事由がない中で相手方の要求も一部排斥し離婚をまとめることができた事例

早期にまとまった離婚

離婚の原因 性格の不一致
離婚の争点 慰謝料 財産分与
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    財産分与として自宅マンションの取得、退職金の半額、住宅ローンの返済、多額の金銭を請求されていた。
  • 【依頼後・終了時】
    相手方へマンションの所有権を移転し、退職金の半額を交付、住宅ローンについては負担せず、多額の金銭要求も排斥した。

事案概要

ご依頼者様は別居して半年程度であり、離婚事由は特になく、性格の不一致で別居をしたという事例です。相手方の要求は、財産分与としてマンションの取得と、住宅ローンの離婚後の支払い、退職金の半額、解決金として500万円の請求をされていました。

ご依頼者様としては、解決金や住宅ローンの支払いはしたくないということで、当事務所と契約となりました。

弁護士方針・弁護士対応

離婚訴訟になった場合の帰結を丁寧に説明しました。

婚姻費用の支払いがなくなることに抵抗感を感じていたので扶養的な分与として離婚後も一定期間生活費が支給されるような仕組みを提案しました。

結果

任意交渉は平行線でしたが、何10回と交渉をして、ようやく住宅ローンの支払いや解決金については相手方が諦めました。

ご依頼者様側も離婚後の生活費として一部負担することになったが、早期に離婚をまとめることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー