夫との間で有利な条件で離婚を成立させ、不貞相手からも相当額の慰謝料を回収した事例

依頼者の希望に沿う形で離婚協議書を作成し、離婚成立

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 養育費 養育費の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    不貞相手:不貞慰謝料として200万円請求
    夫:毎月の養育費+賞与の半分を支払う、財産分与として夫名義の不動産を依頼者が取得するという内容で離婚請求
  • 【依頼後・終了時】
    不貞相手:不貞慰謝料として150万円を一括払い
    夫:毎月の養育費+賞与の半分を支払う、財産分与として夫名義の不動産を依頼者が取得するという条件で離婚成立

事案概要

ご依頼者様は、夫から突然、離婚を強く求められるようになり、不貞を疑って探偵会社に依頼したところ、不貞の事実が発覚しました(夫が不貞相手の自宅に泊まったことがわかる探偵会社の報告書あり)。

夫は、ご依頼者様と離婚した後、不貞相手と再婚する様子でした。

その後、ご依頼者様は不貞の事実を知っていることは伏せて、夫と離婚協議をしていたが離婚条件についてなかなか折り合いがつかず、交渉は難航していました。

ご依頼者様は、夫との関係では、養育費と財産分与について有利な内容で離婚協議書を作成することを希望し、不貞相手との関係では、慰謝料として200万円を取得することを希望していました。

弁護士方針・弁護士対応

夫との関係では離婚交渉、不貞相手との関係では不貞慰謝料請求交渉で受任しました。

夫は、不貞相手と再婚するようであるところ、不貞相手に対して不貞慰謝料を請求した場合、夫がその事実を知って逆上し、依頼者が希望する離婚条件での合意成立が困難となるおそれがあったため、先に、夫との離婚協議を先行することにしました。

弁護士から夫に対して、不貞の事実は伏せて、依頼者が希望する条件(毎月の養育費とは別に賞与の半額を支払うこと、財産分与として夫名義の不動産を依頼者に分与すること)を受け入れるのであれば、早期離婚に応じることを伝えることで、依頼者の希望に沿う形で離婚協議書を作成し、離婚成立しました。

次に、不貞相手に対して、不貞慰謝料請求をする旨の内容証明郵便を送り、交渉の結果、慰謝料150万円の支払いで合意成立しました。

結果

夫:養育費の支払いとは別に賞与の半額を支払う、財産分与として夫名義の不動産を依頼者が取得するという離婚条件で離婚成立しました。

不貞相手:慰謝料150万円を一括で支払うという内容で合意成立しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー