早期かつ相場以上の慰謝料を獲得した事例

妻の不貞による慰謝料請求

離婚の争点 慰謝料の請求
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    約600万円
  • 【依頼後・終了時】
    約500万円

事案概要

ご依頼者様は、夫と婚姻後、夫の母親(姑)と同居してきたところ、姑からは、頻繁に、家事や育児に対して文句を言われるようになりました。 夫は、姑の味方で、夫からも文句を言われることが多かったようです。 そのような生活が10年以上続き、ご依頼者様は、遂に精神的に参ってしまい、このままでは自分の身体がもたないと思うようになりました。 そこで、夫との離婚を決意し、弊所に相談に来られました。 ご依頼者様の希望としては、自分は資力がないことから、親権者を夫と指定して、可能であれば養育費の支払いを定めずに離婚したいというものでありました。

弁護士方針・弁護士対応

相手方や奥様の会社での地位を考えて、早急かつ隠密に解決することが最良と判断し、受任後ただちに受任通知送付を準備しました。

その後、ご依頼者様と相談の上、今回の不貞行為について証拠十分と判断し、相手方に対する受任通知を発送し、相手方に対して事実関係を説明した上で、解決をはかることとしました。

結果

相手方と接触し、事実関係を伝え、不貞関係について認めるかどうか聞いたところ、相手方はしぶしぶながら、事実関係を認めました。

不貞関係を認め、慰謝料を支払うこと、今後の接触禁止、勤務場所の変更努力等を盛り込んだ合意書を作成しました。

その後解決金を受領し、解決に至りました。

受任から解決まで2か月かからなかった上、相場以上の慰謝料を獲得することができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー