こちらが有する資産とは別に相手方が約700万円を支払い、離婚が成立した事例

相手方が約700万円を支払う内容で離婚が成立

状況 離婚 離婚したい
離婚の争点 婚姻費用 財産分与 年金分割 熟年離婚
手続きの種類 交渉
担当事務所 福岡法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    離婚の合意:未了
    財産分与:相手の財産不明
  • 【依頼後・終了時】
    離婚の合意:離婚の成立
    財産分与:財産の開示・年金分割+約700万円を獲得

事案概要

本件は、共働き夫婦の離婚問題について、交渉を行った事案です。ご依頼者様は、相手名義の資産の全容を把握しておらず、相手方が受け取った退職金の金額等も不明な状況で、財産分与の金額算定すら困難な状態でした。

また、離婚の話し合い自体もはぐらかされるような状態で、進展が見られないことから、ご相談、ご依頼に至った事案です。

弁護士方針・弁護士対応

相手方はすでに定年を迎えていたため、こちらの収入のほうが多く、婚姻費用を支払う側となりうることも踏まえ、早期解決が優先される事案でした。もっとも、退職金の金額等は、財産分与の多寡を確定させるに不可欠ですので、まずはこちらの要望として、離婚や年金分割、財産分与等を求めることを明確にした上で、財産資料の開示を求めました。

これに対し、相手方にも代理人が就任し、双方資料を開示の上、離婚を前提に、財産分与等の金額を検討することとなったものです。

結果

話し合いを進めた結果、離婚や年金分割はもちろんのこと、こちらが有する資産とは別に、相手方が約700万円を支払うという内容で、離婚が成立しました。

婚姻費用を請求されうる状況にあることや、早期解決のため、こちらも一定程度譲歩していますが、当初相手が主張していた金額からは約100万円を積み増した金額での解決したものです。年金分割についても、公証役場での合意書の認証を受ける形で処理しています。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー