弁護士介入後、強制執行をして未払養育費の回収ができた事例

裁判所に給与を差し押さえの申立て

離婚の争点 養育費
担当事務所 横浜法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】過去約3年間養育費の未払い
  • 【依頼後・終了時】
    約140万円及び将来の養育費について、給与を差押え、会社からの支払いがされることになった。

事案概要

ご依頼者様は、養育費の金額を決めて調停離婚をしましたが、約3年前から養育費の支払いが滞ったため、過去の未払い養育費の回収と今後の養育費の支払い確保を求め、弊所にご相談いただき、ご依頼いただきました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、調停調書が作成されているものの、相手方の現在の住所が不明であることが懸念点としてありました。

弊所担当弁護士は、まず相手方の住所を確認するとともに、強制執行に必要な書類の準備を進め、裁判所に給与を差し押さえの申立てをしました。

結果

裁判所に申立をしてから一か月以内に、裁判所から会社に給与債権の差押命令が発令され、その月から未払養育費の回収ができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー