男性側の親権獲得事例

依頼者の親権帰属、及び適切な金額支払での離婚

状況 離婚 離婚したい
離婚の争点 親権 男性の親権
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    400万円
  • 【依頼後・終了時】
    250万円

事案概要

結婚直後は順調に生活をしていたものの、徐々に相手方の生活が乱れ始め、相手方は養育放棄、飲酒、自宅で暴れる等のトラブルを起こすようになった。耐えかねた依頼者は、相手方が自宅から出ていくことを念頭に離婚交渉をするも、うまくいかず。
適切な離婚条件設定、相手方との適切な交渉の仕方を求めて、当事務所に御相談に来られた次第。

弁護士方針・弁護士対応

ご相談内容から、相手方はお子さんに対しても危害を加える可能性があるものと思料し、早急に離婚条件をまとめて、相手方に御自宅を出てもらうことを依頼者に強く勧めました。
親権獲得はお子さんがある程度成長しており、お子さんの意思もお父さん寄りでしたので、親権獲得は必須として、調停申立の上、交渉に臨みました。
なお、御自宅の家事は、以前から依頼者のお母さまがされているとのことでしたので、お子さんの養育に問題はありませんでした。
その上で、相手方にお渡しするお金について適正な金額を模索することになりました。

結果

目論見通り、調停合意により親権を獲得し、かつ400万円の請求を250万円まで減少させました。
他方、お子さんの福祉等のために、相手方の面会交流や、相手方によるお子さんへの教育関与についても、ある程度認める合意をしました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー