不貞相手にも慰謝料を請求し、離婚・不貞慰謝料が増額した事例

離婚及び不貞行為に基づく慰謝料請求

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 財産分与
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    合計400万円
  • 【依頼後・終了時】
    350万円(離婚)+100万円(不貞)

事案概要

御主人が他の女性と不貞関係を持っていたことが発覚。問い詰めると、離婚を切り出された。
一方的な話なので、御主人に対してはもちろん、不貞関係の相手方に対しても請求をしたいとのこと。
不貞相手に対する追及はもちろんだが、財産分与の金額含め、御主人の責任を問う方向での交渉をお願いしたい。

弁護士方針・弁護士対応

御主人には代理人が付いて、少額解決を志向しているのか、慰謝料数十万円という提案などしかしてこなかった。
そこで当方、粘り強く交渉し、財産分与を含め、解決金額を増額の方向に持って行った。
不貞相手についても、御主人の話を前提として追及をすすめた。

結果

御主人からは、慰謝料分100万円、財産分与分250万円の合計350万円を勝ち取り、かつ、不貞相手からは、100万円の支払を勝ち取った。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー