既婚であることを隠し結婚の約束をした相手に慰謝料請求した事例

妻子持ちの男性に騙されたので、慰謝料請求したい

離婚の争点 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:150万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:180万円

事案概要

依頼者は、相手方と知り合い関係を持った。その際、相手方は未婚とのことで、関係を持った後、結婚の約束もした。
その後の関係が続いたのだが、その約束の数か月後、相手方には家族がいることが発覚。
相手方を問い詰めると、謝罪はするも、賠償は避けるかのような言動をとった。
そこで、依頼者は相手方に騙されたことに基づく損害賠償請求をすることを、当事務所に依頼した。

弁護士方針・弁護士対応

経緯を聞くと、相手方のやり方があまりにもひどいので、できる限り高額を獲得するため努力することを約束する。
また早期解決希望とのことでしたので、早期に相手方に連絡して、早期に話し合いをして解決するよう動くことも約束しました。

結果

通知を出したところ、相手方は話し合いに応じ、協議の結果、標記の金額を獲得するに至りました。
なお受任から合意まで20日未満という短期間でした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー