離婚なしで不貞相手から相場以上の慰謝料を獲得した事例

不貞行為に基づく損害賠償請求

離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:200万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:200万円
    減額無しの希望額を獲得

事案概要

夫が職場の同僚と不貞行為をしていることが分かったとのこと。
そこで夫に追及をしたものの、夫は取り合わなかった。
そこで、不貞相手の女性に対して慰謝料請求をし、賠償金を獲得した上で、夫の目を覚まさせてあげたい、とのこと。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者の真の狙いが、夫の目を覚まさせることにあるとはいえ、請求想定金額200万円が、一般的には離婚時に発生すると想定される金額で、未だ離婚をしていない依頼者との関係では、請求金額の減額(150万円程度)が予想されました。
しかし依頼者の願いを実現するために、あえて減額はしないと覚悟をしたうえで請求。

結果

相手方との交渉を開始したところ、不貞相手の謝罪及び減額無しの200万円獲得が実現できた。
なお、通知発送から合意まで2か月程度と、相応の速さで解決ができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー