慰謝料を減額したうえで早期解決した事例

慰謝料請求の減額

離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 慰謝料の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:300万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:140万円

事案概要

依頼者は、同じサークルのA氏と不貞関係にあったものの、A氏の奥さんである相手方に発覚。
その後、相手方による執拗な追及に耐えかねて、当事務所に来訪。
会社への来訪等イレギュラーな追及の排除、及び慰謝料の減額を依頼された。

弁護士方針・弁護士対応

相手方に対して即時に受任通知を送り、違法行為対応含め、シャットアウトすることをお約束。
また慰謝料請求金額も相場以上であったので、減額を試みることを約束。

結果

100万円を超えることは、できるだけ回避したかったが、早期解決の要請等により、標記の金額で合意に至った。
なお、受任通知発送から合意日まで、1か月半でしたので、比較的早期での解決でした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー