慰謝料を大幅に減額した事例

不貞慰謝料請求交渉

離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 慰謝料の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:400万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:70万円

事案概要

依頼者が、相手方の夫と、半年間にわたり、複数回不貞行為に及んでしまった事案。
さらに、依頼者は、相手方の夫との関係が終了した後、相手方に対してSNSを通じて、故意に、執拗に相手方の夫の不貞行為の存在をほのめかすようなメッセージを送ってしまっていた。
そして、相手方が、代理人弁護士を入れて、不貞の事実を知り、依頼者に対して、不貞行為及び嫌がらせ行為による慰謝料として400万円を請求してきた事案である。

弁護士方針・弁護士対応

相手方代理人からの書面からは、相手方が今後も、相手方の夫と、婚姻関係を継続することが読み取れたので、婚姻関係が未だ破綻していないことを主張し、慰謝料額が相当減額されることを主張。
さらに、本件では、相手方の夫も相当積極的に不貞行為に及んでいたことから、責任割合では、依頼者よりも相手方の夫の方が重いため、慰謝料として相当額を支払った場合は、相手方の夫に対して、求償権を行使し、半額以上を請求することを主張した。

結果

相手方の夫への求償権を放棄すること、今後依頼者が相手方や相手方の夫に接触しないことを約束することで、慰謝料70万円(分割払い)支払うという内容で合意。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー