有責配偶者からの離婚が早期に成立した事例

離婚

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 有責配偶者
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 慰謝料の減額 財産分与 住宅ローン
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    相手方は当方依頼者が有責配偶者なので、離婚には応じないと主張
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料300万円、離婚後も一定程度の金銭を支払うということで離婚が成立した。

事案概要

依頼者は有責配偶者であり、その客観的な証拠も存在した。依頼者夫婦には、子はおらず、財産分与の対象財産としては自宅が存在した。自宅購入の際には、夫婦が連帯債務者となり銀行から借り入れを行った。当職が介入したが、相手方は離婚には一切応じないという立場であった。

弁護士方針・弁護士対応

ある程度の財産給付を提案し、早期に離婚ができるように依頼者に提案した。連帯債務となっている住宅ローンの処理が問題となるが、相手方は自宅に継続して住み続けたいという意向であった。しかし、相手方のみでは住宅ローン全額を支払うことは困難であり、その点で相手方は離婚を拒否しているようであった。当職の具体的な提案としては、解決金の支払い及び離婚後の住宅ローンの負担である。依頼者は当初そのような提案には難色を示していたが、早期離婚を選び、譲歩案に同意した。

結果

依頼者と相手方は離婚し、慰謝料として300万円の支払い、離婚後も住宅ローンの一定額を支払い続けるという合意をした。早期離婚のために、ある程度の金額を出して、有責配偶者ながら早期に離婚が成立した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー