父親との面会交流が実現した事例

面会交流したい

離婚の争点 面会交流
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    面会交流月1回以上
  • 【依頼後・終了時】
    面会交流月1回、2日または1日

事案概要

依頼者の妻は、子(入園前)を連れて、突然、依頼者と同居していた家を出て行った。依頼者は東京、妻は西日本の遠方におり、容易に行き来できない場所である。 妻は、依頼者から暴力を振るわれたと主張していたが、実際のところは、依頼者は、妻も認めるほどの子煩悩なお父さんであった。
依頼者としては、妻に突然家を出ていかれたこともショックであったが、大切な子供と会えないことが非常に辛く、面会交流を希望した。

弁護士方針・弁護士対応

妻は、東京で離婚調停を申し立てたため、その調停に合わせて、依頼者側から面会交流調停を申し立てた。これらは同時に進行したが、面会交流に関する妻の態度がかたくなであったため、面会交流に関する話し合いは進まなかった。そのため、依頼者としても離婚を受け入れることはし難く、離婚調停は不成立、面会交流調停も不成立となった。ただ、面会交流については、再度、妻の居住地の裁判所で調停をすることにした。

結果

妻の居住地の裁判所においては、地元ということもあり調査官に積極的に動くよう働きかけやすく、それが功を奏したのか、相手方が面会交流に前向きになってきた。数度の試行的面会交流(裁判所内及び裁判所外)を経て、月1回(ただし、その1回あたり2日連続または1日)の面会交流の合意となった。
依頼者がもともと子煩悩な方であったということで、父子関係に特段問題がなかったことがよかったのだと思うが、心が折れそうになりながら相手方に継続的に働き掛けたことが結果に結びついたと思われる。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー