不貞等なかったものの、相手方に養育費とは別に解決金として250万円を支払わせるという離婚調停を成立させた事例

相手から離婚を切り出されたケース

状況 離婚
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 養育費
手続きの種類 調停
担当事務所 神戸法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    解決金:0万円
  • 【依頼後・終了時】
    解決金:250万円
    (ただし,うちは150万円の支払は条件付き)

事案概要

ご依頼者様は,相手方からのアプローチにより,婚姻し,その後,子供が生まれたものの,子供が生まれたばかりで相手方から離婚を切り出されました。
しかし,ご依頼者様は当然納得がいかず,協議を申し入れていたものの,相手方からなぜか協議を拒否され,挙句の果てには,相手方が弁護士を入れて離婚調停を申し立ててきました。

そこで,ご依頼者様は,相手方の対応がよく分からず,今後どのようにしていくべきか,専門家の必要性を感じられて相談に来られました。

弁護士方針・弁護士対応

担当弁護士は,婚姻に至るまで,また,離婚の話が持ち掛けられるまでの経緯等を詳細に確認し,離婚に応じるべきかどうかを検討しました。
ただし,ご依頼者様としても,相手方からよく分からない対応をされたために,条件次第では,と考えておられたので,ご依頼者様が納得できる条件を引き出せるかどうかなどを協議していくということにしました。

そこで,調停では,子供が生まれたばかりで離婚を持ち掛けられたものの,離婚原因が不明であることなどを主張立証し,相手方の主張にもしっかり反論等するようにしました。

結果

調停の中では,やはり,離婚原因が不明であるという話に持ち込めたために,こちらの条件が提示しやすい流れになりました。
担当弁護士は,一貫して,離婚原因が不明であるという主張をしながら,幼児を抱えながら不合理な申し出による離婚に応じるには,今後の生活を送るための費用が必要であるため,その実情を説明した上で,養育費とは別に,慰謝料・解決金等を要求しました。

ただし,相手方は,次第に,解決金を支払うという態度を示し出して,結論的には,頭金で100万円,相手方が契約していたマンションからの退去(ただし,引越し等に時間がかかるため,退去の猶予を踏まえて退去時期を設定しました,)を条件にさらに150万円の支払いを約束させることができました。

理不尽な理由によって離婚を申し出てこられたとしても,直ちに応じることはせず,今後の生活等を考えて,解決金等で相手方から少しでも金銭を回収することが重要であり,離婚後の生活に不安を感じておられた依頼者の方にも満足していただけた事案でした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー