離婚後の慰謝料請求の大幅な減額に成功した事例

慰謝料請求事件

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 慰謝料の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    相手方からは慰謝料500万円の請求がなされた。
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料の支払いは100万円で合意した。

事案概要

依頼者は不貞を行いそれを理由として、相手方と離婚した。依頼者は離婚の前に、相手方に200万円を支払っており、200万円を支払う際に今後不貞相手とは一切会わないことや、その約束に違反した場合は違約金を支払うこと等に合意した。しかし、その後、その合意を破棄して不貞相手と接触を開始した。相手方は、離婚後に、依頼者が不貞相手と接触し約束を反故にしたこと及び離婚原因を作ったことについて500万円という高額の慰謝料請求をしてきた。依頼者としては、離婚前に多くの慰謝料を支払っており、不貞についての損害賠償請求は既に弁済済みであるという主張をしていた。

弁護士方針・弁護士対応

離婚後に不貞相手との接触を禁止する条項は効力がないこと及び慰謝料については既に多額の金銭を支払っており、これ以上の慰謝料の支払いには応じられないと述べつつ、条項の効力に疑問もあったことから、解決金を支払って早期和解することも模索した。

結果

依頼者と相手方との間で、解決金として100万円を支払うことで合意し、当初請求額から大幅に減額できた。接触禁止条項及びその違約金条項の効力がどのように評価されるのかはかなり微妙なところであったが、依頼者からはトータルで300万円程相手方に支払うこととなり、相手方サイドも当方の和解案を最終的には受け入れることとなった。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー