初回調停期日までに相手方と話を付け、スピード解決ができた事例

相手方から離婚を求められているのでどうしたらいいか相談したい

状況 離婚
離婚の争点 養育費
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    依頼者は離婚するつもりはない
  • 【依頼後・終了時】
    離婚に合意し、親権と好条件の養育費を得た

事案概要

申立人と相手方の間には、第二子が生まれたばかりという夫婦であったが、相手方はささいなことで依頼者との意見の食い違いについて被害感情を募らせ、あるとき、警察を呼び、結果的に、相手方が自宅を出ることになった。その後、相手方が依頼者に対し離婚を申し入れた。申立人としては、第二子が生まれたばかりということもあり、離婚には積極的ではなかったが、どうしたらいいのかわからず弁護士に相談に来て、弊所に依頼となった。

弁護士方針・弁護士対応

弊所への依頼後、依頼者としては、同居中に感じていた相手方の根拠のない被害感情の強さなどを思うにつけ、婚姻関係を続けることは困難と感じるようになっていった。次第に、依頼者は、離婚の方向に気持ちを傾けて来たため、弁護士としては条件調整に主軸を移した。 婚姻期間はあまり長くなく、収入も多いわけではなかったため、財産分与の対象となるような物はなく、養育費を決めることがメインとなった。

結果

弁護士としては、相手方に対しては、基本的に、依頼者は離婚したくないというスタンスを示しており、そのせいか、相手方から好条件の養育費案を引き出すことができた。相手方は調停を申し立てていたが、初回調停期日前に、養育費や付随的な条件を相手方との間で調整することができ、初回調停期日でスピード解決となった。

当事者はどうしても、いろいろな離婚条件に目が向きがちになるが、本件においては、養育費にしぼって離婚条件を検討し、早期に決断したことが功を奏したと思われる。ひとりで離婚交渉や調停を進めていると、どこで区切りをつけるべきか悩むこともあると思うが、弁護士がアドバイスすることによって、妥当なのか、好条件なのかといった判断がつきやすくなり、早期に意思決定をしやすくなるという利点がある。本件は、それが実践された事案である。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー