慰謝料の半減に成功した事例

慰謝料請求の減額

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 慰謝料の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:300万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:150万円

事案概要

依頼者は相手方と不貞関係にあったが、相手方から、精神的損害を理由とした300万円の慰謝料請求を受けた。
不貞関係の内容や経緯からして、相手方からの請求自体は否定しがたいものであることは、依頼者も認めている。
それでも依頼者は、金額が大きすぎるので、減額をしてほしいとのことで、受任。

弁護士方針・弁護士対応

事情を聞くと、不貞行為の内容や経緯からは、不貞相手が請求をすることも理解できなくはないが、内容や経緯を洗い出してみると、やはり、相手方にもそれなりの責任があることが分かった。
そこで、当職は先方に受任通知を送り、今回の事情について話し合うことを提案した。

結果

話し合いの結果、諸事情を考慮した上で、相手方に150万円を支払い、それ以外の債権債務関係についてはすべて清算する、との合意を取り付け、慰謝料額の半減に成功した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー