不貞慰謝料請求において、依頼者の問題も指摘されたもののほぼこちらの要望を聞き入れて貰う形で解決した事例

不貞の責任追及

状況 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 財産分与 住宅ローン 親権 養育費
手続きの種類 調停
担当事務所 宇都宮法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料300万円
  • 【依頼後・終了時】
    親権は相手方へ、養育費として子の大学学費、自宅を譲渡しローンは相手方に借り換えてもらう

事案概要

本件は、相手方が不貞を行なったことにより、依頼者が家を出て別居へと至った。依頼者は、相手方との離婚を希望し、成人間近の子の親権は子自身の意向もあって相手方でよいが、不貞の責任はとってもらいたいと希望していた。

弁護士方針・弁護士対応

相手方からは、不貞自体は認めるものの、依頼者にも過去の浪費等の問題があるとの反論が出、また財産分与では慰謝料以上の金額を相手方に渡してもらわなければならないとの主張がなされた。財産内容自体は依頼者の方に多額のものがあり、また自宅は依頼者が債務者となる住宅ローンがかかっていたことから、敢えて慰謝料は請求しないとし、代わりに自宅をローンごと引き取ることと、その他の財産には手を付けないことを相手方に提案した。

結果

相手方も紛争の長期化は望んでおらず、また不貞に対する責任感も多少はあったのか、概ねこちらの要望を容れてくれた。そのことにより、こちらの財産からの持ち出しを防ぐことができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー