慰謝料請求及び財産分与なしという条件で離婚調停が成立した事案

離婚調停

状況 離婚 離婚したい 離婚したくない
離婚の争点 慰謝料 財産分与 養育費の減額
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料相当額・財産分与相当額
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料なし・財産分与なし

事案概要

相手方(妻)が別居するとともに、弁護士に委任して離婚調停を申立てたために、その対応のために、当方の依頼者が当事務所に離婚調停の相談に訪れ、離婚調停の事件として受任しました。相手方(妻)が子を主に監護していたため、親権を譲歩する代わりに当方に有利な条件で離婚調停を成立させる方針を立てました。

弁護士方針・弁護士対応

相手方(妻)が主たる業務の他に、アルバイトを行っていたため、当初の養育費より5000円程度下げた金額で養育費の条件はまとまりました。また、相手方(妻)が不適切な交際をしていたため、その点を調停で指摘するとともに、子供の学費を収入按分で負担する旨を伝えることで、相手方に慰謝料及び財産分与の請求を断念させました。

結果

養育費の減額、財産分与及び慰謝料の支払なしの離婚調停が成立し、当初請求に比して依頼者の方に相当程度有利な条件とすることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー