交渉期間約2ヶ月で、相手方提示額の4倍の慰謝料を獲得した事例

不貞相手に対する慰謝料請求

離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:50万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:200万円

事案概要

本件は、ご依頼者様が配偶者の行動を不審に思い調査会社へ調査を依頼したところ、配偶者と配偶者の同僚が不貞関係にあることが判明したため、弊所へ不貞相手に対する不貞慰謝料請求についてご相談され、ご依頼いただきました。

弁護士方針・弁護士対応

調査会社の調査報告書により不貞の証拠は明確でしたので、交渉は当初より強気の姿勢で望みました。また、不貞相手が、ご依頼者様の配偶者に対し、慰謝料はしっかり支払うと述べていたことから、不貞相手側の減額要求には厳しく対応しました。

結果

相手方は、当初の相手方提示額(50万円)から200万円へと大幅に譲歩し、ご依頼者様も納得されたため、早期の合意(交渉期間約2か月間)となりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー