交際解消による相手方からの損害賠償請求を100万円以上減額できたケース

損害賠償請求訴訟

離婚の原因 その他
離婚の争点 慰謝料の減額
手続きの種類 裁判
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    損害賠償:150万円
  • 【依頼後・終了時】
    損害賠償:25万円

事案概要

依頼者は女性の方で、相手方は男性でした。依頼者と相手方は従前交際しておりましたが、ある日トラブルに至り、交際を解消しました。そうしたところ、突如相手方が代理人を立てた上で、相手方が立て替えたと主張する50万円と交際解消によって生じた慰謝料等の損害100万円の支払いを求める訴訟を提起されました。訴訟となれば依頼者ご本人での対応は到底困難であることから、この度、弊所に訴訟対応をご依頼されました。

弁護士方針・弁護士対応

相手方の請求は身に覚えのない内容の請求であり、否認の方向性で主張、立証することとなりました。もっとも、裁判官からは、早期和解の打診が訴訟の当初からなされ、依頼者ご本人とも紛争の長期化を望んでいなかったことから、金額次第での和解を希望されておりました。

訴訟での和解協議の中で、当方としてはそもそも支払う理由がないことを踏まえ、低額の和解金での解決を希望しました。もっとも、相手方としては、低額の金額では和解は困難とのことで金額にかなり開きがありました。そして、尋問、判決も覚悟しなければならない状況に一時的に至りました。それでも、裁判官からは、和解でなんとか解決できないかと何度も打診があり、金額的に折り合えないか依頼者とも協議を重ねました。

結果

最終的には、裁判官から双方当事者本人を和解協議に連れてくるよう指示があり、双方当事者が出頭したうえで、和解期日が実施されました。裁判官としても、こちらに分があるとみていたのか、こちらに有利な金額での和解を打診されました。もっとも相手方本人としてなかなか納得がいかなかった様子で、かなり裁判官の方から説得をいただきました。そうしたところ、裁判官のご尽力もあり、こちらに有利な金額で相手方が和解に応じるとの意向となり、当初の相手方の請求から100万円以上も減額した金額での和解となりました。金額的にかなり下げることができたことから、依頼者の方も結果に大変満足され、感謝の言葉も何度もいただきました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー