過大な慰謝料請求に対して、毅然とした態度で対応した結果、適正な金額での解決が出来た事例

内縁関係不当破棄(請求されている側)

離婚の争点 慰謝料 内縁関係
手続きの種類 裁判
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:400万円超
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:150万円

事案概要

本件は、相手方と数年間同居した後、同居生活を解消したご依頼者様(既婚者)が、相手方より、内縁関係不当破棄に基づく慰謝料請求訴訟を提起されたため、幣所へご相談され、ご依頼いただきました。

弁護士方針・弁護士対応

方針としては、まず、内縁関係の成否を争う旨の主張をすることにしました。次に、内縁関係の成立が認められるとして、既婚者であるご依頼者様と相手方との関係は重婚的内縁関係にあたり、相手方の地位が法的保護に値しないと積極的な主張をしていくことにしました。こちらの積極的な主張と裁判官が本件における重婚的内縁関係について一定の理解を示したことから、相手方が大幅な譲歩をする形で合意できました。

結果

相手方の請求額は400万円以上と過大でしたが、解決金として150万円を支払う内容で和解することができ、適正額に減額することに成功しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー