婚約破棄による損害の請求を交渉により解決した事例

慰謝料請求事件

離婚の争点 慰謝料 内縁関係 婚約破棄
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    婚約者から、婚約の不当破棄ということで、300万円程度の損害賠償を請求されていた。
  • 【依頼後・終了時】
    解決金として50万円程度で和解が成立した。

事案概要

依頼者は、婚約又は内縁関係にある男性と結婚したくはないということで、当事務所に婚約の解消を求め依頼した。しかし、結婚を前提に相手方名義でマンションを購入していたので、相手方はそのマンションの売却に伴う損害、引っ越し費用等を依頼者に求めてきた事件である。ただし、実際には自宅を売却する予定はないようであった。

弁護士方針・弁護士対応

頭ごなしに相手方の要求は否定せずに、当方としては、過去の裁判例等に照らして妥当な決着を図れるように調整した。実際に婚約破棄をした場合に、それに伴い生じる様々な費用について、過去の裁判例を調査したところ、相手方の主張は無理な要求だったので、その点を相手方に伝達した。ただ、相手方としては突然の婚約破棄で強い怒りを感じていたことから、なるべく相手方の気持ちに配慮した交渉をした。

結果

相手方からは全く金銭の支払いがないのであれば訴訟も辞さないという考えだったので、依頼者も説得し、解決金50万円という裁判費用と同額程度の金額の提案をし、その金額を相手方が受け入れ事件は穏便に交渉で解決した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー