長期間に及ぶ内縁関係の解消を、訴訟に至ることなく解決した事例

内縁関係不当破棄に基づく慰謝料請求

離婚の争点 慰謝料 内縁関係 慰謝料の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:400万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:180万円

事案概要

本件は、依頼者と相手方が一旦婚姻を約束したものの、双方の同意に基づき婚姻の約束を撤回しその後10年間以上同棲した後、依頼者が相手方との同居生活を解消したところ、相手方より内縁関係不当破棄に基づく慰謝料請求がなされた事件である。相手方が民事調停を申し立てたことから、依頼者は当事務所へ相談に来られ、その後依頼された。

弁護士方針・弁護士対応

婚姻の約束をしていたこと(結納まで済ませていた。)、婚姻の約束撤回後も10年間以上同棲していたこと、家計が同一であること(相手方は依頼者の収入で生活していた。)等から、内縁関係の成立自体を争うことは難しいと考えられた。ただ、相手方の請求が高額であったことから、依頼者は相手方の請求にそのまま応じたくないという希望であった。そこで、担当弁護士の方針は、訴訟を辞さないことを前提にできる限りの減額を行い和解することとなった。

結果

担当弁護士が、相手方代理人との間で、期日間に何度も粘り強く交渉した結果、総額を180万円まで減額し、かつ、月3万円の5年間払とする内容で調停成立となった。依頼者は、一括払いではなく、かつ、月々の支払額も少額であったことから、解決結果に満足されていた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー