離婚を回避し、学費の負担も軽減した事例

婚姻費用分担調停及び離婚調停事件

状況 離婚したくない
離婚の争点 婚姻費用
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    相手方からは学費を上乗せした婚姻費用の請求及び離婚調停の申立があった。
  • 【依頼後・終了時】
    婚姻費用15万円、離婚調停は不成立となった。

事案概要

依頼者は妻から離婚請求及び婚姻費用分担請求を求められて、調停手続きをしていた。争点は婚姻費用に幾ら学費を上乗せするかという点であった。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者は離婚したくないという考えであった。仮に離婚の希望であれば、婚姻費用を低額に抑えることができたが、離婚を希望しないということなので、婚姻費用調停は強く争うことは避けて、速やかに婚姻費用の調停の成立を目指した。また、学費の上乗せ分については、そもそも上乗せをしても依頼者が支払えない状況であった。相手方が一時金の取得を希望していたので、一時金を多く支払うことを条件として、学費の負担割合で相手方の譲歩を取得できるようにめざした。

結果

学費については、父母折半として、その代わり、未払い婚姻費用については、一括で支払うことで合意することができた。結果、依頼者の学費の総額の負担を減らすことができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー