200万円の不貞慰謝料請求を解決金40万円まで下げたケース

不貞慰謝料の減額交渉

離婚の争点 慰謝料の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    不貞慰謝料:200万円
  • 【依頼後・終了時】
    不貞慰謝料:40万円

事案概要

慰謝料は相手方の夫との不貞を疑われ代理人を立てた上で慰謝料200万円の支払いをするよう求められていました。もっとも、依頼者の方は相手方との夫の不貞関係については否認されており、慰謝料の請求には応じたくないという御希望でした。今回、不貞関係を否認していることもありご自身での対応も困難というお考えからご依頼に至りました。

弁護士方針・弁護士対応

基本的には相手方の請求には一切応じないとのスタンスで、相手方代理人との交渉に臨みました。しかし、当方が何度も不貞関係を否認し請求には応じないとのレスポンスを送っても相手方が一切引かないことから、訴訟移行も覚悟しました。ただ、交渉を継続する中で、相手方の請求のテンションも徐々に下がり、金額も下げてきたことから、訴訟に至った場合のトータルのコストパフォーマンスも考えながら、交渉内での解決ができないか依頼者の方と模索しました。

結果

交渉を続ける中で、相手方が50万円で本件を解決したいとの意向を示してきたことから、「不貞を否認したうえで、解決金という形であれば交渉内での解決も可能」、との依頼者の御希望もあったことから、一旦相手方の提案を受け入れることにしました。もっとも、金額的にもう少し下げることができないかと検討し、当方では30万円を再提示しました。そうしたところ、相手方が中間値の40万円の提案をしてきたことから、同額での解決金の支払いにより合意に至りました。依頼者の方としては訴訟移行も回避したうえで、それほど金額的には大きくない額での解決に至ったとのことで大変ご満足されていました。
本ケースのように粘り強く交渉することにより全体として穏便な解決も可能ですので、不貞慰謝料を請求された場合には是非代理人を立てた上で交渉に臨まれたほうがよいです。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー