訴訟による離婚請求を排斥した事例

相手方から離婚の訴えを提起されたが離婚を回避したい

状況 離婚
手続きの種類 訴訟
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    離婚請求
  • 【依頼後・終了時】
    請求棄却判決

事案概要

相手方と離婚したくないにも拘らず、家を出て行かれ、離婚訴訟を提起され、どう対応してよいかわからないという相談事例です。

弁護士方針・弁護士対応

相手方は、不貞行為があるようだが、訴訟では全面否認し、様々、依頼者の性格、言動等を非難して、婚姻関係を破綻させたのは専ら相手方という姿勢を崩さなかった。そして、不貞による有責配偶者性を立証しようとしたが、この点は奏功せず、ただ、婚姻関係の破綻をいうには別居期間が短かかったため、先方の家庭内別居を含めた別居期間の主張を最後の本人尋問で攻撃した。

結果

あまり有責配偶者性を主張立証すると婚姻関係の破綻の印象を与え、かといって、婚姻関係が今も円満というのは少々、無理がある事案であり、勝敗の行方は、微妙であったが、相手方の尋問供述の矛盾を突くなどして、かろうじて離婚請求を排斥できた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー