交渉サポートにより、ほぼ望み通りの条件で離婚が成立した事例

相手方からの離婚請求に対し、最大限の利益を得て離婚したい。

状況 離婚
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所

事案概要

相手方が突然別居を開始し弁護士を立てて離婚を要求してきたため、依頼者は当事務所へ相談に来られた。もっとも、自身で交渉したいという強い意向から交渉サポートで依頼を受けた。

弁護士方針・弁護士対応

相手方が離婚を強く望んでいたが、これといった離婚原因が無いことから、財産分与で自宅はもらう、別居時点での相手方名義の預貯金の残高は全てもらう、自宅の住宅ローンは全て相手方が支払うなど可能な限り依頼者の利益となる離婚条件を目指すことになった。

結果

交渉当初は、相手方もこちらの条件を全て受け入れるわけではなかったが、担当弁護士のアドバイスの元、依頼者が何度も相手方代理人へ書面で要求を伝えた結果、依頼者の条件をほぼ受け入れる形で協議離婚成立となった。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー