証拠を最大限活かして不貞慰謝料を増額させた事例

不貞慰謝料請求したい

離婚の争点 慰謝料
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:20~30万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:100万円

事案概要

依頼者の夫は、相手方女性と不貞行為をしていた。そのため依頼者は夫と離婚した。
続いて依頼者は、相手方女性に対し、不貞行為に基づく慰謝料請求をしたいとのことで、ALGに委任した。

弁護士方針・弁護士対応

離婚する際に依頼者は夫から200万円の慰謝料をもらっていたが、その慰謝料の趣旨は不貞行為に基づくものではなかった。
ただ、相手方は、それが不貞行為に基づくものであるといって譲らず、慰謝料額について20~30万円くらいと返事した。
しかし、依頼者が不貞行為の動かざる証拠を持っており、しかもその証拠からすると、不貞行為の悪質性も明らかであった。

結果

証拠の提示が適時でインパクトがあったためか、相手方は一気に100万円まで慰謝料額を上げた。また、それまではあまり謝罪の態度がみえなかったが、謝罪文言も入れた上で、慰謝料100万円一括払いで合意に至った。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー