交渉により双方当事者にバランスよい条件で離婚ができた事例

離婚したい

状況 離婚
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    離婚したい
  • 【依頼後・終了時】
    離婚成立

事案概要

依頼者は、妻が子を連れて別居した状態で、すでに妻側の申立てで離婚調停を経ていたが、依頼者は復縁を望んでおり、不成立で終わっていた。また、婚姻費用分担調停と面会交流調停は成立しており、それに従って実行されていた。
別居から数年経過したため、あらためて、弁護士をたてて離婚の交渉をしてほしいとのことで、ALGに依頼された。
依頼者は結婚前に妻から借金したとのことで離婚にあたりその返済を求められることが予想されたが、できるだけ経済的負担を軽くしたいとのことであった。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者としては、すぐに借金を返済するのは厳しいと感じていた。他方、妻は、借金の返済を求めるとともに、それまで積み立ててきた学資保険を取得したいと希望していた。
弁護士としては、双方のこれらのバランスをとりながら、通常支払うべき養育費の額と折り合いをつけ、依頼者に無理のない経済的負担となることを心掛けた。

結果

依頼者と妻の双方の希望をかなえる条件とし、離婚に至った。交渉の過程においては、依頼者と妻の得られる経済的利益を具体的に数字で表し、最終的には、双方とも自分の期待する利益が得られることについて納得できたことが結論に結びついた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー