経済DVによる離婚と離縁、未払婚姻費用を一気に解決した事例

早期の離婚成立、養子との離縁

状況 離婚
離婚の争点 婚姻費用
手続きの種類 調停 協議
担当事務所 東京法律事務所

事案概要

相談時、CLは、自己の収入のすべてを相手方に管理され、経済的に困窮していた。また、相手方には不貞の疑いがあった(証拠は乏しい。)。そこで、CLは、相手方との離婚及び相手方の連れ子との離縁をすべく、当事務所へ相談に来られ、ご依頼となった。

弁護士方針・弁護士対応

相手方が離婚に応じるかわからないため、まず、離婚調停を申し立てた上で、調停において、相手方が離婚に応じた場合には離縁も併せて話し合うことになった。

結果

相手方が、婚姻費用分担請求調停を申し立てたこともあり、最終的には、未払婚姻費用も含めて、解決金80万円を月額8万円ずつの分割払で離婚成立となった。離縁については、調停成立時、双方が離縁届に署名押印し協議離縁となった。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー