調停により、離婚を拒否していた相手との離婚が成立した事例

離婚を成立させ、子との面会を確保したい

状況 離婚
離婚の争点 面会交流
手続きの種類 調停
担当事務所 宇都宮法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    離婚
    面会交流
  • 【依頼後・終了時】
    双方の離婚
    子の親権者は相手方
    面会交流

事案概要

相手方と離婚をしたいものの、相手方はその考えがないと言い、同居中であった。子もおり、依頼者としては理想は親権を獲得したいものの、離婚が成立するのであればそれにはこだわらない、ただ面会は行いたいとの考えであった。

弁護士方針・弁護士対応

相手方が離婚に応じないとする理由を確認し、まずは条件次第で離婚という段階を引き出せればと考え、協議を行なった。

結果

協議では、離婚を考えないとの相手方の考えは変わらなかった。しかし、調停に移ったところ、相手方も依頼者の意思の固さを理解したらしく、もう別れるでいいとなった。なお、むしろ相手方としても吹っ切れたのか、離婚に際して子の親権は相手方が持つこととなったが、金銭その他はむしろいらないとして調停が成立した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー