私学費用を含む未払い婚姻費用を半減させた事例

婚姻費用等請求事件

離婚の争点 婚姻費用の請求 婚姻費用未払い
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    相手方からは未払い婚姻費用として300万円の請求があった。
  • 【依頼後・終了時】
    未払い婚姻費用として150万円程を支払うと合意した。

事案概要

依頼者と相手方は夫婦であったが、先行して進めていた離婚調停により両者離婚が成立した。しかし、婚姻費用については決着がついておらず、その調停だけは継続していた。争点としては、未払いの婚姻費用をいくらとするか、具体的には、特別費用として私立学校の学費がかかっており、その点をどのようにするかであった。

弁護士方針・弁護士対応

当方としては、何の同意もなく勝手に私学に行かせているのであるし、そもそも私立学校のお金は払えないと主張した。相手方は収入の割合で公立学校相当額を控除した金額について按分して支払うべきと主張してきた。

結果

私立学校の学費については、当方と相手方が5対5で負担することに同意し、結果として、未払い婚姻費用の金額を300万円から150万円に減額することができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー