交渉により、希望額であった相場より高めの不貞慰謝料200万円を獲得したケース

不貞慰謝料請求

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:200万円

事案概要

依頼者の方は妻で、相手方は夫の不貞相手の女性でした。この度、依頼者の方において、夫の不貞が発覚し、不貞相手の女性に対し慰謝料を請求したいとのことでご相談を受けました。ご相談を受けながら、やはり依頼者の方ご自身での対応が難しいとのことで、代理人交渉のご依頼に至りました。なお、依頼者の方には小さなお子さんがおり、育児が大変な時期であるにも関わらず、不貞に走った夫及びその不貞相手の女性に対して強い怒りを抱いておられました。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者の慰謝料の希望金額は200万円でした。当該金額は裁判相場よりも多少高めの金額でしたが、依頼者の方の不貞相手の女性に対する怒りの感情が強く、この金額で進めることにしました。なお、金額が多少高い場合には、あまり攻撃的な態度を当方が示しても、相手方が頑なになり交渉にならないケースが多いことから、敢えて内容証明郵便等の手紙を送付せず、電話で直に相手方からお話を伺い、交渉を進めていきました。

結果

相手方の女性と電話でじっくりと話し、依頼者の方の心情をストレートに伝えたところ、相手方としても真摯に反省し、誠意を示したいとのことで、200万円満額での回答をいただき、早期での解決に至りました。依頼者の方としても、相手方が満額の慰謝料を支払うことで誠意を見せたということでご納得いただきました。このケースのように、弁護士に依頼されることで、希望金額に近い慰謝料を早期に獲得できる可能性が各段に上がりますので、ご自身で判断されるのではなく、一度弁護士に相談の上、ご依頼されることをおすすめいたします。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー