不貞慰謝料を大幅に減額し、かつ、長期の分割払いにした事例

慰謝料の金額を減額したい

離婚の争点 慰謝料の減額
手続きの種類 訴訟
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    300万円
  • 【依頼後・終了時】
    総額150万円、3年程度の長期分割払

事案概要

依頼者は、不貞相手の妻(以下「相手方」といいます。)から、慰謝料300万円を請求された。依頼者は、慰謝料請求の対応について当事務所にご相談され、依頼された。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者は、当初、不貞関係自体を争いたい意向だった。そのため、担当弁護士から、相手方がどのような証拠を持っているかを確認し、その証拠の存在よりに争うことが難しければ慰謝料の減額を交渉をすることを提案し、依頼者の了承も得た。その後、担当弁護士から相手方に対し、交渉段階で証拠の開示を求めたところ、訴訟を提起された。そして、訴訟において、不貞を推認される証拠を多数提出されたため、慰謝料の減額の提案(和解条項案)をした。その結果、慰謝料を減額した形で和解が成立した。

結果

和解内容は、①慰謝料150万円、②頭金40万円、残りは毎月3万円(最終支払日5万円)の分割払である。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー