300万円の不貞慰謝料を獲得し、離婚成立した事例

不貞慰謝料請求

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料
手続きの種類 裁判
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    離婚成立

事案概要

本件は、相手方が不貞を行い、その不貞について依頼者が精神的に疲弊している状況でした。弁護士に相談して気持ちの整理をつけたいという思いで、来所相談されました。

弁護士方針・弁護士対応

相手方と不貞相手へ不貞慰謝料請求の訴訟提起を行いました。訴訟において,相手方は以下の点を主張していました。
・当初不貞行為の存在を否認し,その後も不貞行為に至ったのは1回のみであるとして、継続的な不貞関係を認めなかった
・不貞関係に至るまでに依頼者と相手方の婚姻関係は破綻していた
・依頼者が相手方へ暴力をふるった
・(慰謝料を支払う旨記載された念書に対して)脅されて書いたもので無効である

上記のような争点に対し、弁護士は依頼者と相手方の婚姻関係の破綻や依頼者の暴力は相手方の不貞をきっかけとして発生したものであることを書面等で主張。

結果

訴訟の結果として、相手方と不貞相手は合計300万円の慰謝料の支払義務を負い和解成立。また、依頼者と相手方は訴訟提起前の交渉段階中に離婚成立。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー