財産分与の分与額をゼロにし、かつ、慰謝料を獲得した事例

財産分与(金銭支払い)したくない、慰謝料欲しい

状況 離婚
離婚の争点 慰謝料 財産分与
手続きの種類 裁判
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    離婚等請求
  • 【依頼後・終了時】
    財産分与は不動産のご依頼者様の持分移転のみ、慰謝料20万円

事案概要

依頼者は、風俗に通い、依頼者に対し暴力も振るう相手方から、離婚調停を申立てられ、その後、離婚訴訟を提起された。依頼者は、財産分与(金銭支払)をせず慰謝料をもらって離婚したいと思い当事務所にご相談され、依頼された。

弁護士方針・弁護士対応

調査の結果、依頼者の金融資産の金額は、相手方よりも多い状況であった。そして、不動産も、ローンと相手方の特有財産のために分与する価額はほとんとなかった。また、依頼者が、相手方の風俗通いや暴力を一旦許す旨の書面が訴訟段階で提出され、慰謝料の獲得は困難な状況であった。しかし、担当弁護士が、相手方の主張に対し徹底的に反論した結果、財産分与は不動産の依頼者の持分移転のみ、慰謝料は20万円支払ってもらうことになった。

結果

和解内容は、①不動産における依頼者の持分の移転、②慰謝料20万を支払ってもらうなどであった。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー