内縁破棄の慰謝料請求を200万円以上減額した事例

内縁関係不当破棄による損害賠償請求

離婚の争点 内縁関係
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:300万円以上
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:100万円以上

事案概要

内縁関係にある当事者の一方が、他方当事者とは異なる人物と不貞行為に及んだとして、内縁関係の不当破棄による損害賠償請求を受けた事案です。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、以下のような懸念点がありました。

・相手方の請求内容が明らかでない点。

そこで、依頼者と協議し、相手方の請求内容を明らかにした上で、訴訟や調停に移行することのないよう、交渉を進めていくことにしました。 その方針のとおり、相手方弁護士にその請求内容を明らかにするようも求めたところ、相手方弁護士が損害賠償請求300万円を請求してきました。それを受け、当方が、相手方の請求が高額に過ぎること、裁判上認められる損害賠償請求権の妥当な金額を提示したところ、相手方との交渉が成立しました。

結果

受任から、2か月かからず、200万円以上の損害賠償請求権を減額する形で交渉が成立し、調停又は訴訟を回避することができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー