不貞相手への慰謝料請求で400万円を獲得し、2週間程度で早期解決した事例

不貞慰謝料(交渉)

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:400万円

事案概要

依頼者の方は男性で、相手方は依頼者の妻の不貞相手の男性でした。依頼者の方において、妻の行動に不審な点があったことから、探偵会社に対し、妻の行動調査を依頼したところ、妻が相手方とラブホテルに出入りしていることが判明したため、相手方に対し慰謝料を請求したいとのご希望でした。依頼者ご本人で相手方に対し慰謝料請求を行うことが困難であり、弁護士に対応を依頼したいとのことで、この度ご依頼に至りました。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者の方のご希望を伺ったところ、なるべく高額な慰謝料を請求したいとのことでした。そこで、慎重に請求を行うことし、相手方に送付する手紙の内容についても、攻撃的な内容とはせずに、相手方本人に対しあくまで協議を促す内容となるよう工夫を凝らしました。そうしたところ、手紙送付後すぐに相手方がレスポンスがあり、相手方本人と協議を行うことになりました。なお、依頼者の希望金額が400万円であったことから、同額を相手方に請求しました。

結果

相手方の回答としては、早期にかつなるべく穏便に解決したいとのことで、当方の請求額で合意するという内容でした。その後、当方ですぐに合意書を作成し、慰謝料の支払いを含め2週間程度で事件が完結しました。依頼者としては、自身の希望金額満額で合意できたこと、また、早期解決に至ったことから大変満足されており、感謝の言葉もいただきました。本ケースのように高額な金額の慰謝料を獲得するには、ある程度テクニックが必要となります。一人では悩まずに是非弁護士にご相談ください。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー