離婚を拒否する相手との離婚を成立させ、財産分与で1300万円以上を取得した事例

離婚請求事件

状況 離婚
離婚の争点 財産分与 年金分割
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    財産分与:2分の1
  • 【依頼後・終了時】
    財産分与:1300万円以上

事案概要

別居期間が長期化したことを原因に、離婚、財産分与、及び年金分割を求めて調停を行った事案です。

弁護士方針・弁護士対応

当方の依頼者が、別居期間が長期化したことを原因として、離婚、財産分与、及び年金分割を求めて調停を求めた事案です。相手方は当初は離婚自体を拒否していましたが、当職より、調停委員を通じて、相手方が離婚を拒否し続けると婚姻費用の支払いが嵩み、相手方にとっても不利益となることを説明したところ、相手方は財産の開示及び財産分与の協議に応じました。当事者双方の財産の開示が終わり、不動産の評価につき、当事者間に争いがありましたが、当方より不動産の査定結果を提出したところ、調停委員が当方の証拠も考慮し、当事者双方に財産分与の具体的な金額を提示してくれました。その調停委員の説得を受け、相手方は財産分与として1300万円以上を調停成立から1か月後に支払う旨の調停が成立しました。

結果

調停にて、相手方が財産分与として1300万円以上の金銭を支払う内容で離婚を成立_させることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー