不貞相手への慰謝料請求が受任から1ヶ月で解決した事例

スピード解決した不貞慰謝料請求

離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    ・慰謝料(具体的な金額はなし)
    ・第三者に口外しない
  • 【依頼後・終了時】
    ・慰謝料:60万円(一括払い)
    ・謝罪する

事案概要

夫の携帯で相手方とのやりとりをみて、職場内で不貞をしていることが発覚する。後日、依頼者と不貞相手となる相手方で話合いをした。相手方は不貞を認めて謝罪をして、依頼者が作成した書面にも署名してくれた。そして、相手方は職場も辞めることを約束した。しかし、相手方本人は資力がなく慰謝料の支払いが難しいとのことだったので、相手方の両親と連絡を取りたいと伝えたところ、相手方両親から連絡がきたが、逆ギレをし、『あんたの夫が悪いのに、どうしてうちの娘が慰謝料を払って、仕事を辞めなければいけないのか・・。』等、話合いができる状態ではないので、弁護士介入してほしいとご相談に来られました。

弁護士方針・弁護士対応

不貞回数が1回であること。相手方は職場を退職して、地方の実家に引っ越すことが決定しているので不貞関係が続くことはないこと。依頼者夫婦は離婚や別居をしていないこと。また依頼者本人の希望で小さい子供もいるので、早く終わらせたいという気持ちが強いことを鑑みて、慰謝料の金額が低くなっても、早く解決することを先決と考えた。

結果

示談交渉して、不貞行為を認め、真摯に謝罪をする。慰謝料60万円を支払うこととする。求償権を放棄する。等の内容で示談が成立し、受任して、わずか1カ月でスピード解決をしました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー