月15万円の養育費・生活費の請求を、月5万円まで減額した事例

早期離婚の実現

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 性格の不一致
離婚の争点 慰謝料 婚姻費用未払い 財産分与 養育費
手続きの種類 調停
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    養育費:月15万円
  • 【依頼後・終了時】
    養育費:月5万円

事案概要

本件は、相手方の妊娠をきっかけに結婚することになったものの、義母との関係が悪いこと等から、一度も同居せず生活費のみ相手方に渡しているような状況でした。別居したまま、子供が生まれたことも知らされなかったこと、相手方から婚姻費用調停の申し立てがなされたことから離婚を決意され、弊所にご相談の上、ご依頼されることとなりました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、相手方に離婚の意思がなく、さらにご依頼者様の収入が減少しているにも関わらず、相手方は、養育費・生活費として月15万円の支払いという当方が到底受け入れることができないような提案をしてきました。
そこで、担当弁護士が、昨年よりご依頼者様の収入が下がったこと等から、養育費の減額を主張しました。また、既に当事者間において婚姻関係は破綻していることを証拠等を用いて説得的に主張しました。また、相手方主張の金額の妥当性はさておき、婚姻関係が続くことで養育費より高額な婚姻費用の支払義務が継続することは間違いなかったため、早期での解決を目指すこととしました。

結果

調停結果として、
調停離婚成立
養育費について、月5万円を支払うこと
等の内容で合意に至りました。

ご依頼者様は受任時点で早期の離婚を希望していたため、担当弁護士は、介入後依頼者との打合せを重ね、すぐに離婚調停の申し立てを行いました。調停でも、婚姻関係が破綻していることを主張し、その結果、早期のタイミングで充実した調停結果内容を獲得することができ、ご依頼者様もご満足されたようでした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー