300万円以上の財産分与を無しにして離婚を成立させた事例

離婚請求事件

状況 離婚
離婚の争点 財産分与
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    300万円以上の財産分与
    慰謝料相当額
    私立大学の学費全て負担
  • 【依頼後・終了時】
    財産分与なし
    慰謝料なし
    私立大学の学費2分の1

事案概要

当事者双方が長期間の別居を理由に、相手方との離婚を求めた事案です。

弁護士方針・弁護士対応

当方の依頼者が、長期間の別居を理由に、相手方との離婚を求めた事案です。約7年間以上もの別居がありましたので、算定表ベースの婚姻費用を支払いつつ、早期の離婚を求めて離婚調停を申立てました。相手方は当初は離婚を争っていましたが、その後、離婚自体は認めた上で、財産分与、慰謝料、子供の大学の学費の支払いを求めてきました。ここで、相手方が当方の依頼者の多額の預金を引き出し、かつ、費消していましたので、費消した金銭を証拠によって明らかにした上で、その金銭の返還を求めました。そうしたところ、相手方は財産分与及び慰謝料の請求を諦め、子供の私立大学の学費のうち、その2分の1を当方が負担することで調停が成立しました。合計4回の調停期日で財産分与及び慰謝料を支払うことなしに調停が成立しました。

結果

財産分与が争いとなった場合、調停が長期化することも多いところ、合計4回という比較的少ない調停期日で、財産分与及び慰謝料の支払なしという当方依頼者にとって納得できる内容で調停が成立しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー