不貞慰謝料請求の金額を大幅に減額した事例

慰謝料の減額

離婚の争点 慰謝料の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料請求された金額300万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料総額100万円(分割金総額80万円を滞りなく支払った場合は、残り20万円は免除する。)

事案概要

本件は、依頼者の不貞相手の妻(相手方)から、慰謝料300万円を請求された事案である。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者から事情を聴取したところ、相手方が離婚する気がないとのことだったので、慰謝料の減額要因として主張することにした。また、依頼者自身の事情として子の育児等に費用がかかることを伺ったので、経済的資力に乏しいことも主張することにした。これらの事情を相手方代理人へ説明したところ、相手方代理人は、当初、慰謝料の減額事由など存在しない、速やかに慰謝料を支払って欲しいと強硬な態度だった。しかし、担当弁護士が、書面と電話で何度も依頼者の事情を根気よく説明し続けた結果、相手方も態度を軟化され、下記の解決結果の内容等で合意した。

結果

慰謝料総額100万円分割払い、分割金80万円の支払いを滞りなく行った場合、残り20万円の支払いを免除するとの内容で合意し、当初請求額から大幅に減額することができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー