債務整理中の相手方から、未払い婚姻費用や財産分与合わせて500万円以上を獲得した事例

離婚請求事件

状況 離婚
離婚の争点 財産分与
手続きの種類 調停
担当事務所 東京法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    財産分与:500万円以上、未払い婚姻費用回収、養育費相当額

事案概要

相手方のギャンブル、不貞行為等を原因に当方の依頼者が別居し、同時に離婚を求めた事案です。

弁護士方針・弁護士対応

当方の依頼者が、相手方のギャンブル、不貞行為等を原因として、離婚、慰謝料、財産分与の支払いを求めた事案です。相手方は債務整理中の身であり、調停中に勤務先を退職し、自宅を売却し、その売却代金を費消してしまったという特殊事情がある事案でした。調停中に相手方が退職してしまったこと、不貞行為を立証する証拠が薄かったことから、当方の依頼者と協議し、財産分与及び養育費をきちんと回収するという方向性にしようと依頼者と協議しました。また、相手方は先行する婚姻費用分担調停で決定した婚姻費用を支払っていなかったので、未払い婚姻費用も本件で回収することにしました。調停中は、相手方は財産分与及び未払い婚姻費用の支払いを拒否していましたが、調停委員の方々を含め、離婚訴訟に発展するよりは調停での解決が相手方に取っても経済的メリットがあることを懇々と諭しました。そうしたところ、相手方の再就職も決まり、相手方は、相手方の再就職先の年収をベースに算定表上の養育費を支払うことを約束しました。また、相手方は債務整理中でしたが、未払い婚姻費用及び財産分与を含めた解決金として500万円以上を支払うことで調停は成立しました。

結果

債務整理中の相手方から、算定表上の養育費、未払い婚姻費用及び財産分与を含めた解決金として500万円を支払う形で調停が成立しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー